パラオ旅行~1日目

【2006年8月28日(月)】

私達夫婦の結婚10年目ということで、
今年の夏の旅行は、10年前に新婚旅行で行った

パラオ共和国

に家族4人で行きました。

もーちゃんとにゃおくんには、夏の旅行は『パラオ』だということを
それとなく言っていたのですが、2人ともイベント事があると
興奮して熱を出してしまうので、出発日は内緒にしていました。
(イベント事の前日に熱を出すという最近の子供の病気みたいです。)


当日の朝、5時45分に2人を起こして、
「今からパラオに行くよ~♪」
と言うと、2人とも大喜び!

いつもなら、朝の支度もせずにダラダラして動かないのに、
きびきびと動いていました。
いつもこうだといいのにね。


家を出たのが朝の6時半なのに、福岡空港~グアム経由~パラオ
の為、パラオのホテルに着いたのが夜の10時・・・。

しかも、テロの関係で、手荷物検査が異常に厳しくて、
福岡空港で、化粧品のリップジェルや目薬などまでも持ち込めない
と言われて、スーツケースに入れなおし・・・。
さらに、朝食がおにぎり1つだった為、待ち時間に食べようと
思っていたプリンは没収・・・・・・。

サンダルやベルトまでぬがされて身体検査。

女性はさらに、横脇で磁気検査。

移動に16時間かかったうえに、出国審査×2回、入国審査×2回、
厳重身体検査、手荷物検査×数回で、かなり疲れてしまいました。


でも、パラオでの入国審査の時、列の1番最後だったのに、
審査官のお偉いさんが気を利かせてくれ1番に手続きをしてくれました。

にゃおくんにも、笑顔で、
「How old are you?」と聞いてくれて、
にゃおくんも得意げに
「I'm five !」
と答えていました。

頭もなでられて、ちょっと疲れていたにゃおくんも
元気になりました。

こういう時って、子供連れだとラッキーですよね♪
お偉いさん、ありがとうございました。

b0063313_10132262.jpg

パラオでお迎えのバスがなかなか来なくて、
スーツケースに座っていました


ホテルに着いてから、ぐったりと疲れて夕食に出かけることもできずに、
さすがに1日目は移動だけで終わってしまいました。

ホテルの部屋は、家族4人で1室を期待していたのに・・・
2部屋でした。使いにくい!
[PR]

by dekitayo | 2006-08-28 23:52 | 家族行事